少しずつ距離を詰めていこう

nsoijen (1)徐々に女性に好意を持ってもらえると、長く良い関係でいられると思います。
そのためには少しずつ距離を縮めることが大事なのですが、少しづつというのがポイントになるので気をつけましょう。
女性との距離をさりげなく気づかれないように縮めるにはさりげなく誘うことが大事です。帰る方向が同じである場合は、さりげなく途中まで帰ろうか・・・と誘うと良いでしょう。
少しの時間であっても女性との距離は想像以上に縮めることができるので、良い関係を築くことができます。
いきなり食事や飲みに誘ってしまうと、警戒してしまうことがあるので、一緒に途中まで帰る程度であれば気軽に受け入れてくれます。

最も同じ方向になりやすいのが会社から駅までの道のりです。
この間だけでも仕事抜きの話が出来ると思います。
女性と長い時間二人きりで話をするのが苦手な人は、駅までの道のりであれば大した時間ではないので大乗雨だと思います。
一緒に途中まで行こうと言われて、拒絶する人は少ないと思います。
女性もその気があればキュンと来るかもしれません。

しつこく、帰ろうとついてくるとかなり嫌がられるので、タイミングを見計らって、たまに誘ってみると良いと思います。間隔を置くことで、今度は女性から帰ろうと言ってきてくれるかもしれません。

少しずつ距離を縮めていくと良い関係を築けると思うので、この方法は有効かと思います。
少しずつ段階を踏むことでデートに誘えるような雰囲気になってくると思うので、ここまで行くとチャンスです。

男性側の好ましい性格

男らしさというのがありますが、これに対して間違った見方をしている人がいます。
男は乱暴で権力があるのが男らしいと思っている人もいるようです。
しかし、これが絶対に男らしいとは言えないのではないかと思います。
この手の男性は、愛されることはないと思います。

愛される男らしい男性というのはどのような人をいうのでしょうか。
まず、男性に望む性格として謙虚さああります。
頼りないと感じるかもしれませんが、このタイプの男性は非常に誇り高いです。

中には権力を求め、高い地位だけを求める男性もいて、そのために野心を燃やしています。
これが男らしいということ・・・と考える人もいます。
しかし、これらを手にするためには手段を選びません。

愛される男性は謙虚ということであれば、これを手に入れるために何をしても良いとは考えません。
人の上にたちたいという野望よりも、どんな時でも人に仕えるものです。

また愛される男性は下品ではありません。
まず下品な言葉遣いはしません。
人を楽しませるために下品なことをする男性もいます。
しかし、この手の男性の場合、まわりの誰かに対して思いやりがある場合が多いです。

また、素直に感謝できる男性も愛されます。
少し無愛想なほうが良いと思う人もいますが、本当に男らしい人は感謝の言葉がすぐに出てきます。
後輩であっても部下でも親でもすぐにお礼をいうことができます。
恥ずかしさもなく、しっかりと感謝を述べます。
このような男性は愛されると思います。

また懐が広いとも取れるので、誰かが悩んでいる場合には、その人の話をしっかりと聞いて、相手の立場になろうとします。とにかく理解してあげようとするのです。

さらに、誰かが失敗した時です。
すぐに起こるのは器が小さいと感じます。
そうでなければ、注意はしても失敗を許すという行為をします。
根に持つようなことはなく、非常にさっぱりとしています。

短期ですぐ怒って、力でねじ伏せるような人は男らしいとは言えません。
男らしい人というのは、寛大であり、懐が広い男性だと思います。